幸福実現党 北海道本部

幸福実現党 北海道本部

2020年1月18日土曜日

千歳後援会の皆様と新札幌江別後援会の皆様とともに、打ち合わせ

日々の御支持御支援、誠にありがとうございます。
昨1/16日は、千歳後援会の皆様と政治活動の進め方で新札幌江別後援会の皆様とともに、打ち合わせさせていただきました。
心より感謝申し上げます。
...
千歳は、空港もあり、北海道の玄関口で、大変、重要なところです。
ここにも、中国資本による土地の爆買いが進んでおり、きっちりと現状をお伝えし、規制の法律制定に向けて、動きを進めていきたいといきたいと思います。
本日は午前中、厚別方面にご挨拶です。着実に伝えて参ります。ありがとうございます。




過去最大のデフォルト、倒産ラッシュ…。中国経済崩壊へのカウントダウン。(釈量子)

過去最大のデフォルト、倒産ラッシュ…。中国経済崩壊へのカウントダウン。(釈量子)



2020年1月17日金曜日

釈量子党首のフェイスブックから

【幸福実現党 釈量子党首】
観光庁が中国への高校修学旅行の拡大を計画。中国政府による邦人拘束が大きな問題となっている中、わざわざ国を挙げて高校生を送り込むことに大義はあるのか。香港では同世代の中高生も弾圧されている。この時期、学生を政治利用するようなことはやめていただきたい。
銀座・数寄屋橋交差点で街頭演説を行いました。観光庁が中国への高校生修学旅行を拡大しようとしています。香港では中高生を含む若者への人権弾圧が続き、10名もの邦人が未だ不当拘束される最中です。どうかしています。


高校修学旅行を海外に 中国念頭に普及推進―観光庁
JIJI.com
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011300364&g=eco&fbclid=IwAR3FG93E07wzw_M0yu4keiJqibpTfQ2_g_JNk4o9MkulB4Y2YyABbhuFo_Y



釈量子党首のフェイスブックから

1月13日、沖縄県入りしました。
昨年10月31日未明に火災が発生した首里城を視察。折しも、中国皇帝の使者である冊封使を迎える儀式を再現するイベントが予定されていた直前でした。
地元の金城タツロー九州エリア担当は、「首里城は、中国との関係性ばかりを強調するのではなく、歴史的な経緯も含めて、復興しなくてはならない」と考え...ています。
夕方には、新年のご挨拶に、名護市の島袋吉和元市長の事務所にご挨拶。本部町の崎浜秀昭町議、金城竜郎九州エリア代表と、視察した辺野古の基地移転問題の現状について話しました。
茨の道にせよ、普天間宜野湾市民の危険性除去を確実にしなくてはなりません。
「今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄」とも言われる通り、アジアは激動の渦に入りました。
沖縄の自由のため、私たちも精進をしてまいります。






2020年1月16日木曜日

外国資本による土地買収に規制をかける法律制定をして、北海道を中国から、守り切らなければなりません

日々の御支持御支援、誠にありがとうございます。
現在、中国の脅威に、香港や台湾、沖縄尖閣などで戦いが起きておりますが、北海道においても、目には見えない戦いで攻め込まれている状態です。
それが、土地の爆買い、大学の買収、釧路隣町の白糠町においても、町の指導において、小学校から、中国語、中国の歴史、文化などを学習することになっている。
そして、住民投票などを通じて、地方行政に影響を及ぼし、最後は、その市町村を牛耳ることが可能になる。...
こうした長期的な視点において、中国は、北海道を、32番目の省にしようと計画を着実に実行しています。

こうしたことに対して、しっかりとした、対策を取ることが必要です。
ぜひとも、外国資本による土地買収に規制をかける法律制定をして、北海道を中国から、守り切らなければなりません。
幸福実現党のホームページに、土地の爆買い規制の法律制定の署名用紙が、今週末から来週早々にアップされます。
何卒、御支援をいただきまして、法律制定へ進んで参りたいと存じます。
ご協力の程、何卒、よろしくお願い申し上げます。
この件につきまして、1月21日(火)19:00~ザ・リバティ政経セミナー(里塚・美しが丘地区センター 札幌市清田区里塚2条5丁目1番1号)にてお話をさせていただきます。
また、2月2日(日)13:00~綾織編集長をお迎えしての「ザ・リバティ」セミナー「2020年代の危機を乗り越える」(江別市民会館)の中でも、お話させていただく予定です。
北海道を護っていくために、ご協力、何卒、宜しくお願い申し上げます。



2020年1月15日水曜日

厚別方面にご挨拶に回りました

日々の御支持御支援、誠にありがとうございます。
昨日1/14は、厚別方面にご挨拶に回りました。お断りされる方もおられますが、握手してくださる方もおられ、ありがたい限りです。お一人お一人に丁寧にお伝えして参ります。
午後、清田後援会の皆様と打ち合わせ。...
来週1月21日(火)夜19時から、「リバティ政経セミナー」を、里塚・美しが丘地区センター(札幌市清田区里塚2条5丁目1番1号)で開催することが決まりました!

日本経済の今後や、北海道で進む、中国資本による土地の爆買いの問題などについてお話させていただきます。
ご来場、心よりお待ち申し上げております。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。




台湾総統選・蔡英文総統の再選を受けて(党声明)

台湾総統選・蔡英文総統の再選を受けて(党声明)


令和2年1月12日
幸福実現党


 幸福実現党は、台湾総統選で民進党の蔡英文氏が再選されたことを歓迎します。
 今回の総統選では、蔡氏が過去最多となる800万票を超える得票で対立候補の野党・国民党の韓国瑜氏を破り、同時に行われた立法院選でも与党・民進党が過半数を維持することになりました。
 中国は近年、覇権主義を強め、中国による台湾併合が現実味を帯びた状況にあります。昨年にも、中国の習近平国家主席が「台湾同胞に告げる書」40周年記念イベントにて、一国二制度による中台統一の考えを示しています。一方で、蔡氏はこれを強く否定し、あくまで台湾の民主主義、自由が守られるべきと主張しています。今回の総統選で台湾の人々が蔡氏を選択したことは、中国の対外的膨張の歯止めにつながるとの観点から大きな意味合いを持ちますが、この台湾に対し、日米は共に連携を深める必要があります。
 台湾関係法を制定して40年となる米国はトランプ大統領の下、台湾との関係を強化する立場を明確にしている一方、日本政府は、今春訪日予定の中国・習国家主席を国賓待遇とする立場を堅持しています。台湾の危機は日本の安全保障に直結する問題でもあります。日本は“八方美人外交”を改めて中国抑止との立場を明確にし、習氏を国賓待遇とすることを撤回すべきです。
 日台関係については、わが党がかねて主張していた通り、日本政府として基本法を制定するとともに、台湾の独立を支持し、同盟関係を念頭に国交の回復を目指すべきです。
 日本が国防・経済の両面において、自由・民主・信仰の普遍的価値観を共有する台湾との紐帯を深め、東アジアの繁栄・平和を守るべく、わが党として邁進していく決意です。
以上